ゴイシギンポ #Ocular_blenny 沖縄 ファンダイビング 

ゴイシギンポ1a

学名 Ecsenius oculus
英名 Ocular blenny
分類 スズキ目 イソギンポ科 ニラミギンポ属
撮影地 慶良間諸島チービシ
OlympusTG-6

海で見ると真っ赤だったので一瞬違う種類のギンポかな?と。サイズ的に小さいと赤いのかな?と思っていたら5㎝越えのサイズも真っ赤に。婚姻色でしょうかね?

ゴイシギンポ2a

#イナセギンポ #Bicolor_fangblenny 沖縄 ファンダイビング

イナセギンポ1a

学名 Plagiotremus laudandus
分類 スズキ目 イソギンポ科 テンクロスジギンポ属

撮影地 慶良間諸島 渡嘉敷島 OlympusPL-2

パッと見オウゴンニジギンポとそっくりです。というのも?ニジギンポの仲間は鋭い毒牙を持っておりイナセギンポが自身の身を守る為に真似して置いて損は無い強者なのです。擬態が多くみられる海の中でもこれ程に似せるか?と言う程そっくりなイナセギンポですが、混泳してたりもするのでますます判り難いです・・・。顔がピンク色でニコっとして強そうじゃない方がイナセギンポです。

エリグロギンポ #Tripplespot_blenny 沖縄 ファンダイビング

エリグロギンポ1a

学名 Crossosalarias macrospilus Smith-Vaniz & Springer, 1971
分類 スズキ目 イソギンポ科 エリグロギンポ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

頭の後ろ、背中側に丸い黒点があるのでわかり易いと思いますが?名前の由来であるエリグロは?まさしく人で言うワイシャツの襟のあたりが黒くなっているのが特徴的なエリグロギンポです。この画像もそこを狙ってみましたが?ワイシャツはあまり黒く汚れていらず上品な子だったようです?

ヤエヤマギンポ #Jewelled_blenny 沖縄 ファンダイビング

ヤエヤマギンポ1b

学名 Salarias fasciatus (Bloch, 1786)
分類 スズキ目 イソギンポ科 ヤエヤマギンポ属

撮影地 沖縄本島 CAMEDIA

珍事件と言えば珍事なのですが?私の腕にヤエヤマギンポ。スタッフトレーニング中装備したスーツが寒すぎて腕を組んだままトレーニングを監視していた訳ですが?なんかモゾモゾ感じたので見てみたら?いつのまにかヤエヤマギンポが腕の隙間で居心地良さそうに休んでいました。いつまでここに居るのか興味深くなってしばらく見ていましたが?いつまでもここにいるので最後は岩場の近くに連れて行きました。ヤエヤマギンポって?おちゃめですね?大好きになっちゃいました。

ちなみに私は足の着く所に立っていて顔は水面に出ている状態。引きの画像で見るとこんな感じです。

ヤエヤマギンポ1

イシガキカエルウオ 幼魚 #White_potted_olive_blenny 沖縄 ファンダイビング

イシガキカエルウオ2a

学名 Ecsenius yaeyamaensis
分類 スズキ目 イソギンポ科 ニラミギンポ属

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

小さいカエルウオは目のバランスが大きくてとてもフォトジェニックです。イシガキカエルウオは少し下から撮ると笑ってるように見えることからこの構図が大人気のようです?

フタイロカエルウオ #Bicolor_blenny 沖縄 ファンダイビング

フタイロカエルウオ1a

学名 Ecsenius bicolor (Day, 1888)
分類 スズキ目 イソギンポ科 ニラミギンポ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

半分で綺麗に色分けされたその名の通りフタイロカエルウオ、頭から半分は濃紺で下半身はショッキングイエローです。よく目にとまるカエルウオでサイズも手頃な事からカメラの特訓パートナーに最適なフタイロカエルウオです。

タテジマヘビギンポ #Tropical_striped_triplefin 沖縄 ファンダイビング

タテジマヘビギンポ1a

学名 Helcogramma striata Hansen, 1986
分類 スズキ目 ヘビギンポ科 クロマスク属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

小さい被写体の撮影特訓に欠かせないのがタテジマヘビギンポです。あまり広範囲を動かないので観察してても楽しい魚です。ヘビギンポってなんでヘビなんでしょうね?かわいいのにね?こんな感じでたそがれてることが多いので色んな構図を楽しんで撮ってみましょう。