コシジロテッポウエビ 沖縄 ファンダイビング 

コシジロテッポウエビ1

学名 Alpheus sp 
分類 テッポウエビ科 テッポウエビ属 

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

どちらかと言えば?アクアリウムで流通してる感の強いコシジロテッポウエビです。つまりは見栄えが良いという事だと思うのですが?水中ではあまり見栄えしないように感じていたテッポウエビです。やはり光をしっかり当てないとその可愛らしさは解りにくいかと?しっかり光を当てて撮影してみました。気になるテッポウエビですね~。

ベニワモンヤドカリ ハロウィンヤドカリ #Halloween_hermit_crab 沖縄 ファンダイビング

ベニワモンヤドカリ2a

学名 Ciliopagurus strigatus (Herbst, 1804) 
英名 Halloween hermit crab 
分類 十脚目 ヤドカリ科 ワモンヤドカリ属 
撮影地 慶良間諸島チービシ 
OlympusTG-6

粗めの砂地にいたベニワモンヤドカリを撮影していたら?砂の中からなにかがもそもそっと?

P6280104

砂の中からもう一匹出てきました。

P6280107

殻ごと砂の中に潜るんですね?知りませんでした。

#クモガニ属の一種 #Oncinopus_sp 沖縄 ファンダイビング

クモガニsp2a

学名 Oncinopus_sp
分類 クモガニ属

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

結構沢山いるのですが何者か良く解りません?基本的に図鑑とかインターネットで生き物の名前を探している船長ですが、それでも時々解らなくて行き詰まってしまうんですよね・・・。まぁ海はいつでも新種で溢れているのでそのうち誰かが名前を付けてくれるでしょう。

クビナシアケウス #Chalaroachaeus_curvipes 沖縄 ファンダイビング 

クビナシアケウス1a

学名 Chalaroachaeus curvipes De Man, 1902
分類 十脚目 クモガニ科 クビナシアケウス属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

一見わかりにくそうな生き物ですが良く動くのですぐにカニだとわかります。フサフサしているのは体の一部ではなくコケムシ類を引っ付けてセソコヒメウミシダに擬態しているのではないかと言われています。生息域が似ている事からその節はありではないかと?同じようなクモガニを時々見かけますがもしかすると擬態したいものが違うだけで、中身は同じクモガニだったりしたら面白いですね?

モクズショイ #藻屑背負 #デコレータークラブ #Spider_decorator_crab #Decorator_crab 沖縄 ファンダイビング

モクズショイ2a

学名 Camposcia retusa
分類 エビ上目 十脚(エビ)目 抱卵(エビ)亜目 短尾(カニ)下目 クモガニ上科 クモガニ科 クモガニ亜科 モクズショイ属

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

まざ海の藻屑を背負ってるのでモクズショイでしょう。剥がして確認する訳にも行きませんしね?相変わらず写真に撮ったところで何の事やら?海では面白いんですけどね?

ウスイロサンゴヤドカリ #Hidden_hermitcrab 沖縄 ファンダイビング

ウスイロサンゴヤドカリ1a

学名 Calcinus vachoni
分類 十脚目 ヤドカリ下目 ヤドカリ科 サンゴヤドカリ属  

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

綺麗なヤドカリです。ヤドカリを撮影する時に気にしたいのが綺麗な宿を借りてるかどうか?なのですが、ほとんどのヤドカリが基本的に中古物件の主なので中々理想的な個体には出会いません。まぁ古い物件でもニョキと出てきた主が美女ならそんな物件の古さもどこかに吹っ飛んでしまいますか?