ヒバシヨウジ #Bluestripe_pipefish 沖縄 ファンダイビング

ヒバシヨウジ1a

学名 Doryrhamphus excisus excisus Kaup, 1856
分類 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科 ヒバシヨウジ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusTG-6

個体によって尾びれの模様に違いがあるユニークなヒバシヨウジです。火箸で突っつきたくなるような尾びれの模様は囲炉裏で焼けた炭のような鮮やかな色をしています。

モジャピグ #Gorgonian_Pygmy_Seahorse #Hippocampus_sevemsi 沖縄 ファンダイビング

ヒポカンパス・セベルンスィ1

学名 Hippocampus sevemsi ヒポカンパス・セベルンスィ
英名 Gorgonian Pygmy Seahorse ゴルゴニアンピグミーシーホース

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

思いのほか沢山いるのと居場所は大体決まっているので目の良い人はすぐに見つける事が出来ます。スタッフ達を連れて行って「この辺にいるから探しなさい」とクルっと位置を教えた瞬間に皆が数匹見つけていた時にガイド引退しようかな?と思ったのはマジです。目が悪すぎる・・・。

和名が決まっていないと思うのですが通称でゴルゴニアンピグミーシーホースと呼ばれているそうです。昔からいる種ですが意外と名前が決まるのって大変なんですね?元々はジャパニーズピグミーシーホースと呼ばれていた種の仲間なのですがツルッとしてなくてモジャモジャしているのでモジャピグと呼ばれていたのかな?トレンドは常にどこからか発信されるのですが、いつも発信元は解りません。

学名はようやく決まったみたいで、Hippocampus sevemsi( ヒポカンパス・セベルンスィ)と読むようです。難しくて良く解らないので偉い人が又何か決めたらご報告します。

クチナガイシヨウジ #Schultz’s_pipefish 沖縄 ファンダイビング 

クチナガイシヨウジ1a

学名 Corythoichthys schultzi Herald, 1953
分類 トゲウオ目 ヨウジウオ科 イシヨウジ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OLYMPUSxz-1

口がぴよんと長いのが特徴の魚ですがイシヨウジとの違いが良くわからない魚でもあります。水中ではぱっと見の判断が難しいかもしれません。学術的にはクチバシ?の長さが頭長の47.6~50%がイシヨウジ、55.6%以上がクチナガイシヨウジということなので、この写真は恐らくクチナガイシヨウジと言えます。色も様々で赤みの強い個体は個人的にお気に入りです。

カクレタツノコ デニセ #Hippocampus_denise 沖縄 ファンダイビング

カクレタツノコ1

学名 Hippocampus denise

撮影地 沖縄本島 OlympusTG R-Horimoto

ピグミーシーホース(学名 Hippocampus bargibanti)と比べると?細くてしわが無くて若々しい感じがすると?カクレタツノコ(学名 Hippocampus denise)なのかな?と言ったアバウトな感じです・・・。

あっち向いてるデニセさん。水中では何が何やら?その見事な擬態からこの和名が付いたようです。

カクレタツノコ2

タツウミヤッコ yg #Ornate_pipefish 沖縄 ファンダイビング

d3854099.jpg
学名 Halicampus macrorhynchus Bamber, 1915
英名 Ornate pipefish
分類 トゲウオ目 ヨウジウオ科 ウミヤッコ属
撮影地 沖縄本島 OLYMPUSxz-1 K-Ikeda

ひとところに落ち着く事が無いタツウミヤッコはリクエストを頂いてもお見せするのが難しい魚の一つかもしれません。実はこのタツウミヤッコ、人気があるのは幼魚で全身に9対あるヒラヒラとした羽のような皮弁のある個体でヨウジウオの中としてはユニークです。成魚になると20センチ前後まで成長しヒラヒラも無くなるためにあまり興味を持たれる事無く、時々黒い大きなヨウジウオ見たんですけどなんですかね?と聞かれる程度。かなりレアだと思うのですが・・・。

タカクラタツ #Longnose_seahorse 沖縄 ファンダイビング

94257baf.jpg

学名 Hippocampus trimaculatus Leach, 1814
英名 Longnose seahorse
分類 条鰭綱トゲウオ目ヨウジウオ科タツノオトシゴ属

撮影地 沖縄本島 OlympusTG Misato-K

オオウミウマやクロウミウマによく似ていますが、最も判別しやすい特徴としては下顎辺りに確認できる喉の方を向いた棘の様な突起物です。
タカクラタツ2a

他には背中に確認できる3つの黒点ですがこの画像ではわかりません。タツノオトシゴ属ではオオウミウマの次に大きく成長するタカクラタツです。

タカクラタツ #Longnose_seahorse 沖縄 ファンダイビング

オオウミウマ1a

学名 Hippocampus trimaculatus Leach, 1814
英名 Longnose seahorse
分類 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科 タツノオトシゴ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusTG

沖縄大学のダイビングサークルからトレーニングで参加していた学生がスノーケリング中に撮影した、とても小さなタツノオトシゴですが恐らくはタカクラタツの幼魚ではないかと思います。タツノオトシゴ属としては最も大きなサイズへと成長する事で知られオオウミウマとよく似ていますが見分けるポイントとしては顎の下の尖った突起が確認できるのがタカクラタツ、何もないのがオオウミウマと言えます。後頭部から背中にかけて3つの黒点が確認できるのもタカクラタツの特徴ですがこの画像では写りが悪すぎて確認する事が出来ませんでした。