ハナオコゼ #Sargassum_fish 沖縄 ファンダイビング

ハナオコゼ1a

学名 Histrio histrio (Linnaeus, 1758)
分類 動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 条鰭綱 アンコウ目 カエルアンコウ科 ハナオコゼ属

撮影地 慶良間諸島チービシ CAMEDIA

青いタライに入っているハナオコゼ、実はスノーケリングのゲスト様が「漂っていたのですくって捕まえました」と超スマイル。海のモノには触らないようにブリーフィングはするものの、元狩猟民族であるピテカントロプス・エレクトスから進化したホモ・エレクトスのDNAに刻まれた狩猟本能を獲物の前で制御するのは非常に困難であるとの見解が長年スノーケリングゲストを観察してきたヒト科、職業船長の私の見解です。スノーケリングのゲスト様がついつい捕獲してしまう生物の中には普段ダイビングで見かける確率が少ないものも多く毎回驚かされます。一番驚いたのはタコフネだったか?

パッと見カエルアンコウですが名前的にはオコゼです。カエルアンコウ科の生き物なのでカエルアンコウと間違えやすそうですが?生活環境がまるで違うので判断しやすいと思います。

イロカエルアンコウ #Painted_flogfish 沖縄 ファンダイビング

イロカエルアンコウ1a

学名 Antennarius pictus (Shaw, 1794)
分類 アンコウ目 カエルアンコウ科 カエルアンコウ属

撮影地 沖縄本島 OLYMPUSxz-1

一般的にイロカエルアンコウは20cmを超えることは無いとされており、それより大きいものはオオモンカエルアンコウの確率が高いとされいますがはたして?この個体でちょうど20センチぐらい。

イロカエルアンコウを特定する時の単純な見分け方としてはニョキっと飛び出た棘を包む鰭膜(キマク)は薄く境目がハッキリしている事と、胸鰭の軟条数が色は10、オオオモンは11なので数える事が出来れば簡単に見分ける事が出来ます。

イザリウオからカエルアンコウに改名してもうどのぐらいだろうか?不動の人気を誇るカエルアンコウ様ですが海底でふんばってるその御姿にどれぐらいのダイバー達が癒されてきたのか?見た目とは裏腹に種類も色彩も豊富なので、とても楽しませてくれる魚だと思うのです。

イロカエルアンコウyg #Painted_flogfish 沖縄 ファンダイビング

イロカエルアンコウ2a

学名 Antennarius pictus (Shaw, 1794) 
英名 Painted flogfish 
分類 アンコウ目 カエルアンコウ科 カエルアンコウ属  

撮影地 慶良間諸島 座間味島 OlympusPL-2

ブログを整理整頓中です。

沖縄では珍しいカエルアンコウだけに大きなカエルアンコウを見かけたらほとんどがオオモンカエルアンコウと言われがちですが?沖縄で確認できる大きなカエルアンコウは?確率的にはイロカエルアンコウの場合が多いように思います。

イロカエルアンコウ3a

ヒメヒラタカエルアンコウ #Randall’s_frogfish 沖縄 ファンダイビング

8564c066.jpg
学名 Antennarius randalli
英名 Randall’s frogfish
分類 アンコウ目 カエルアンコウ亜目 カエルアンコウ科 カエルアンコウ属

撮影地 沖縄本島 OLYMPUSxz-1 K-Ikeda

特筆するとすれば?カエルアンコウと言うイメージとはかけ離れた素早さで消えていってしまった為にこの一枚しか撮れなかった事でしょうか・・・とほほ。出会った感動に浸っている場合ではありません。すぐにシャッターを切りましょう。