キミオコゼ #Clearfin_lionfish 沖縄 ファンダイビング

P4071142
P4071144

学名 Pterois radiata
英名 Clearfin lionfish
分類 カサゴ目 フサカサゴ科 ミノカサゴ属
撮影地 沖縄本島 OlympusXZ-1 K-Ikeda

目にするようで中々お目にかかれないオコゼではないかと思います。ネッタイミノカサゴとよく似ますが、完全な糸状のヒレはこの個体独特の物です。

シコンハタタテハゼ ヘルフリッチ #Helfrichs’_dartfish 沖縄 ファンダイビング

P2180037

学名 Nemateleotris helfrichi Randall & Allen, 1973
英名 Helfrichs’ dartfish
分類 スズキ目 クロユリハゼ科 ハタタテハゼ属

撮影地 沖縄本島 OLYMPUSxz-1 K-Ikeda

シコンハタタテハゼと言う和名がありながら通り名としては学名のヘルフリッチの方が定着している珍しい魚です。ハゼの仲間としては非常にレアでダイバーなら一度は遭遇したい魚のうちの一匹では無いでしょうか?

ジョーフィッシュ 黄色 ホシカゲアゴアマダイ #Harlequin_jawfish 沖縄 ファンダイビング

2020.4.8e

学名 Opistognathus solorensis Bleeker, 1853
英名 Harlequin jawfish
分類 スズキ目 アゴアマダイ科 アゴアマダイ属 

撮影地 沖縄本島 OLYMPUSxz-1

カエルアマダイじゃないのか!?(心の叫び)

イレズミアマダイと言う名前から始まったいわゆる「黄色のジョー」ですが?(日本産魚類生態大図鑑 益田一)長い年月を超えてようやく和名が決まったようですね?それにしても?第一印象は?え?カエルじゃなくてアゴなの?でした。もちろん生物学的根拠はなく見た目が最もカエルっぽい種からカエルの文字が消えたんだ?と。

KIMG5340

いつの間にか英名や学名がつき、いつのまにか正式和名も決まり、イレズミアマダイとかカエルアマダイとか言われていましたが?その名もホシカゲアゴアマダイ。英名はこのまま変わらないかな?解りませんがしばらく放置しておきますか・・・。

カエルアマダイとは別種と言うオチは無いですよね???

英名のHarlequin(ハーレクイン)とはまだら模様のタイツを吐いた道化師、つまりは今でいうピエロの事でしょうか?何かと賢いイメージある魚ですがイメージの違う名前が付いたものですね?  自分ですを作ったりするのですがハゼの住んでいる巣穴と違って必ず別の出口があるのがジョーフィッシュの巣穴の特徴です。又子育てを口内で行ったりとユニークな生態としても知られています。

ツマジロオコゼ #Cockatoo_waspfish 沖縄 ファンダイビング

ツマジロオコゼ

学名 Ablabys taenianotus(Cuvier,1829)
英名 Cockatoo waspfish
分類 スズキ目 ハオコゼ科 ツマジロオコゼ属

撮影地 沖縄本島 OLYMPUSxz-1 K-Ikeda

顔の先が白いことがツマジロの由来、枯葉に紛れて生息していることが多いです。ツマの白い部分が大きいほどレアとされていますが?身体も白いこの子は中々のレアもので良いのでしょうか?

ヤッコエイ ブルースポテッドスティングレイ #Bluespotted_stingray 沖縄 ファンダイビング

ヤッコエイ2a

学名 Dasyatis kuhlii (Muller & Henle, 1841) 
分類 トビエイ目 アカエイ科 アカエイ属  

撮影地 慶良間諸島 渡嘉敷島 OLYMPUSxz-1 k-suke

ブルースポテッドが映りそうな距離への接近に成功したら?砂かぶってるとかね。青い点を取るのは難しいんですよ・・・。ブルースポットの撮影に成功した人は神。