シロイソハゼ #Spotted_fringefin_goby 沖縄 ファンダイビング

シロイソハゼ1a

学名 Eviota albolineata Jewett & Lachner, 1983
分類 スズキ目 ハゼ科 イソハゼ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

水中で見るとアカホシイソハゼとよく似ていて目の悪い私の場合、写真に撮ってみないと良く解りません。生息域も同じなのでアカホシイソハゼを撮影していると?時々シロイソハゼが写ります。

カンモンハタ イシミーバイ #Honeycomb_grouper 沖縄 ファンダイビング

カンモンハタ3a

学名 Epinephelus merra Bloch, 1793
分類 スズキ目 ハタ科 マハタ属

撮影地 慶良間諸島 渡嘉敷島 OlympusPL-2

沖縄ではイシミーバイと呼ばれ親しまれている魚で煮付けにすると美味です。個人的には県魚ではミーバイが一番美味しいと思います。赤は刺身、石は煮付けと海人から聞いた事もありますが?それは皮の厚さや味だとか?そこまでの舌は持ち合わせていないのですが調理する時は使い分けていたりもします。

ちなみにこの色は休んでいる時の色です。

アカハタyg ブラックチップグルーパー #Blacktip_grouper 沖縄 ファンダイビング

アカハタ1a

学名 Epinephelus fasciatus (Forsskal, 1775)
分類 スズキ目 ハタ科 マハタ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

幼魚を好んで撮影してしまうのは?やはり色が鮮やかな場合が多いからでしょうか。珊瑚礁の浅場でよく見かけるアカハタですが幼魚のうちは見た目が割と真っ白でシロハタ?です。英名のブラックチップは第一背ビレの先端が黒くなっているからでしょう。

ミヤケテグリyg #Moyer’s_dragonet 沖縄 ファンダイビング

ミヤケテグリ2

学名 Synchiropus moyeri Zaiser & Fricke, 1985
分類 スズキ目 ネズッポ科 コウワンテグリ属

撮影地 沖縄本島 OlympusPL-2

1センチ以下の個体になるとミヤケテグリなのかセソコテグリなのか?イマイチ解りません。胸鰭や背鰭が黄色だとミヤケテグリで透明なのはセソコテグリなのかなぁ?といった感じです。

ハイイロイボウミウシ 沖縄 ファンダイビング

リザイボウミウシ1a

学名 Phyllidiella granulata Brunckhorst, 1993
分類 ドーリス下目 イボウミウシ上科 イボウミウシ科 コイボウミウシ属

撮影地 慶良間諸島チービシ OlympusPL-2

以前はリザイボウミウシと呼ばれていた気もしますが、今はハイイロイボウミウシと言う種に特定、統一されたという事でしょう。カラーリングがシックでお洒落なウミウシです。